都心と地方 看護師労働条件

看護師の転職&給与白書 TOP > 都心と地方の給与と転職求人状況

地方と都市部の看護師の違い

地方と都市部では、ステレオタイプ的にばっさりと分けてしまうなら
以下のような違いがあります。

 

【都市部】
圧倒的な看護師不足

高い給与
夜勤が多く激務

 

【地方】
そこまで看護師不足ではない

低い給与
激務とまでは言えない職場も多い

 

都市部と地方とではメリットとデメリットが対応しあっているのに気づくでしょうか。
求人が多くて就職しやすく、給料が高いけど激務の都市部。

求人はそこまで多くなく、給料が低いけど仕事も激務ではない地方部。
それぞれ一長一短あるのですね。

あくまでこれはステレオタイプな違いですから、
個々の職場を見ていくと例外は数多く存在するから注意が必要です。

 

都市部でも診療所などは夜勤はありませんし、
地方でも看護師が深刻に不足している場合もあります。

 

ケースバイケースですから、求人案件を詳細に調べることが大事ですね。

 

給与の違い

給与の違いは、都市部と地方部との間の最大の違いとなっています。
例えばナースパワー人材センター(http://www.nursepower.co.jp/)が

実施している人材不足の地域に応援看護師を送る応援ナース制度での
給料の違いを見てみましょう。

 

都市圏に人材を送る都市圏応援ナース制度だと…
夜勤手当含む月給が44万円から50万円となっています(正看護師の場合)。

 

沖縄に人材を送る沖縄応援ナース制度だと…
夜勤手当含む月給が27万円から35万円となっています(正看護師の場合)。

 

もちろん沖縄その他の地方部に魅力がないと言っているわけではありません。
けれども純粋に給与だけを見ると、都市部と地方部との差は大きい

言わざるをえませんね。

 

需要と転職のしやすさの違い

地方部と都市部とで需要が大きく変わるかというとそうでもありません。
あえて言うなら一般には、都市部の需要がかなり大きい傾向にあります。

地方部でも看護過疎地域などは需要が大きくなっています。

 

転職のしやすさも需要とほぼ対応しています。
もっとも、地方だから職がないということはなく、

地方部であっても就職先は必ず見つかるという状況です。
あとは条件や待遇の問題が残るだけなのです。

 

地方から条件の良い都市部へ就職したい!
地方でもよりよい条件の職場に就職したい!

このような方は転職サイトに登録し、専門家のアドバイスを受けるのがいいでしょう。
無料ですし情報の蓄積も膨大ですから、非常に頼りになります。

好条件の求人情報を得る為には、1社だけでなく2〜3社登録するのがポイントです。


転職サイトNo.1
ナース人材バンク
ナース人材バンク

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料丁寧な対応が人気。
年間紹介数No.1

ナース人材バンク公式サイト

転職サイトNo.2
看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料
サポート力に定評あり。
転職支援金最大5万円

看護のお仕事公式サイト

転職サイトNo.3
ナースフル
ナースフル

コンサルティング型、非公開求人多数、 利用無料、寮完備、託児所ありなど
高給.高待遇案件多数

ナースフル公式サイト