看護師 面接マナー

看護師転職時の面接のマナー

面接にはマナーがあります。
新卒社会人とは違い社会に出てマナーを身に付けている中途求職者ですが、

本当に面接のマナーとして正しいものを身に付けられているか、
と言われると不安になってきますよね。

ここでは面接のマナーとして気を付けなればならないことを、
簡単に紹介していきたいと思います。

 

初心にかえることが大事

中途採用では社会的な常識やマナーがしっかり身についていることが、
採用の前提条件
となります。

面接官が不快感を覚えるような服装・態度・言葉づかいをしていると、
採用してもらえません。

 

新卒と比べても社会人経験があるわけですから、
特に常識やマナーは強く求められます。

 

怖いのは油断や習慣ですね。
何年か社会人をやっていたからこそ、ふとした瞬間に普段の癖が出てしまいます。

初心にかえってマナーとは何かを確認することが大事なのです。

 

身だしなみ(主に女性について)

面接は、第一印象がものを言います。
全体的に注意しなければならない点は、身だしなみとファッションは違うということでしょう。

ファッションとして良い服装でも身だしなみが良いとみられるとは限らないのです。

 

【化粧】
派手すぎる化粧にならないようにするのが大事です。

できる限りナチュラルを心がけましょう。

 

【服装】
ビジネスライクでフォーマルなものをこころがけましょう。

今の職場では許されるとしても、カジュアルなものや派手なものは避けましょう。
清潔感や自然な感じがポイントです。

 

【靴】
ミュールやサンダルは避けて、パンプスなどにしましょう。

 

【髪型】
これも派手にならないようにする必要があります。

カラーリングも派手になりすぎないように、
そして長い髪は束ねてすっきりとした印象を与えるように注意しましょう。

 

【爪】
医療従事者ですから、清潔感が必要です。

きちんとした手入れをし、マニキュアは避けましょう。

 

時間厳守

面接の会場へは遅くとも10分前には入っておくように心がけましょう。
遅刻が厳禁なのは当然ですが、自分の都合による時間変更も避けましょう。

やむを得ない理由で遅れる場合には、早めに連絡を入れるのがマナーです。

 

態度

面接の会場で会った人すべてに挨拶をするくらいの気持ちで臨みましょう。
面接室に入るときのドアの開け閉めや、最初の挨拶、お辞儀の仕方など

気を付けなればならない点はたくさんあります。

 

このような作法を詳しく勉強したい方は、
秘書検定の教科書などがきちんとまとまっていて分かり易くおススメです。

面接のマナー一つとっても、気を付けなければならない点がこんなにあるんですね。
多すぎてきちんとこなせるか心配だという方も多いかもしれません。

 

しかし看護師のための転職サービスの多くは専属のコンサルタントを付けてくれますし、
面接の会場に同行してくれるサービスも多く存在しています。

このような専門家にアドバイスを受けサポートしてもらうのが、
面接を成功させるためにベストな手法
ですね。

専門家との相性もあるので、1社だけでなく2〜3社登録するのがポイントです。

 

転職サイトNo.1
ナース人材バンク
ナース人材バンク

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料丁寧な対応が人気。
年間紹介数No.1

ナース人材バンク公式サイト

転職サイトNo.2
看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料
サポート力に定評あり。
転職支援金最大5万円

看護のお仕事公式サイト

転職サイトNo.3
ナースフル
ナースフル

コンサルティング型、非公開求人多数、 利用無料、寮完備、託児所ありなど
高給.高待遇案件多数

ナースフル公式サイト