看護師 志望理由

看護師の転職&給与白書 TOP > 退職理由と志望動機ってどう書けばいいの?

履歴書の中で大事なのは退職理由と志望動機!!

履歴書には書き方のルールというものが存在しています。
転職の際に大きな判断要素となっているのが、退職理由(転職理由)と志望動機の欄です。

 

この二つをどう書くかということが転職の成功に結び付きます。
そこでこれらの書き方を簡単に解説していきます。

 

退職理由の書き方

転職に成功するための条件は、自分が何をやりたいのかということがはっきりしていることです。

 

前の職場では自分のやりたいことが実現できなかった。
だから新しい職場に転職するということが退職理由となるのです。

・このようなことをやりたかったができなかった。
・希望する職場の方が自分の知識や技術を高めることができる。

ということを伝えていくのが退職理由の書き方となります。

 

退職理由の欄に絶対書いてはいけないことは、前の職場の批判・不満などです。
こういうネガティブな転職・退職理由は、自分自身の評価を落としてしまいます。

このような理由で転職を考えていたとしても、決して書いてはいけません。
他の職場で自分の職場の批判を行うのも、非常識だと判断されてしまいます。

 

不満が職場を辞めたい理由である場合には、その奥にある本当の理由を
考える必要があります。

 

例えば…
残業が多く本来の仕事にまで支障が出るような勤務体制を理由に、

職場を変えようと思った場合を考えてみましょう。

 

表面上の理由は、業務がきついからとなります。
しかし奥に潜む本当の理由は、患者さんと接する本来の業務を

しっかりこなしたいということになるのではないでしょうか。
このように積極的な理由を探し、それを記載することが退職理由の書き方です。

 

志望動機の書き方

 

退職の理由が明らかになると、志望動機の書き方も分かり易くなってきます。
・自分が本当は何をしたいのかという理由

・希望する職場だと本当にしたいことをすることができるという職場の特徴
を重ねて書けば立派な志望動機になるのですね。

 

志望動機をしっかり書くには、自分が本当は何をしたいのかということと、
職場の特徴が何でそこでは何ができるのかという分析が不可欠です。

決まり文句・抽象的な表現は、退職理由・志望動機双方で避けるようにしましょう。

 

さて、退職理由・志望動機を書くには自分のやりたいことと、
希望する職場の研究が不可欠なのですがこれが一番大変ですね。

自分のやりたいことはなんだろうと一人で悶々と悩んでいてもなかなか答えは出てきませんし、働きながら新しい職場の研究をすることは簡単なことではありません。

 

そこでノウハウや情報の蓄積がある転職サービスに頼る、
という手法を採るのがおススメです。

 

転職サイトにはキャリアコンサルタントなど転職専門のプロが在籍しています。
相談に無料で応じてくれますから、これを活用しない手はありませんね。

履歴書の書き方一つでも相談しアドバイスをもらうのが
転職サイトの上手な使い方といえるでしょう。

 

良い転職支援サイトBest3へ登録する
転職サイトNo.1
ナース人材バンク
ナース人材バンク

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料丁寧な対応が人気。
年間紹介数No.1

ナース人材バンク公式サイト

転職サイトNo.2
看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料
サポート力に定評あり。
転職支援金最大5万円

看護のお仕事公式サイト

転職サイトNo.3
ナースフル
ナースフル

コンサルティング型、非公開求人多数、 利用無料、寮完備、託児所ありなど
高給.高待遇案件多数

ナースフル公式サイト