看護師 夜勤なし

看護師の転職&給与白書 TOP > 夜勤なしの職場を見つけるには

夜勤はきついですよね?

看護師を辞める理由の中でも多いものとして、
夜勤がきつく、体調を崩したという方も少なくないようです。

夜勤だけ続くのならいいのですが、日勤と夜勤と交互にシフトが入るような場合には
概日リズムが崩れてしまい体調を崩しやすくなる傾向にあるようです。

そこで夜勤を入れたくない・回数を減らしたいという理由で転職を考えている人のために、
夜勤を少なくするコツを簡単に説明したいと思います。

 

夜勤がない職場とは?

夜勤が多い職場は、入院病棟を持っている病院ですよね。

入院患者の世話をする必要がありますから、夜勤で入る必要があるのです。

救急病院などの場合には、夜でも急患が来ることがありますから
夜勤は激務となりがちです。

 

夜勤を避けたい場合には、入院病棟がなく救急指定でもない病院を
選択
すればよいのです。

美容外科や透析専門の病院などは、夜には閉まるところが多く
夜勤を避けることができます。

また救急病院や入院病棟を抱える大きな病院でも…
・シフトが夜勤と日勤で完全に分かれている場合
・外来のみの勤務で夜勤が必要ない場合、
・夜勤に入らないで済むような勤務形態が準備されている場合
など夜勤をなくしたり減らす方法があります。

 

もっとも、求人票には日勤のみと書いてあっても、
日勤のみでは許されない雰囲気の職場だったという場合もあります。

この辺りは実際に勤務してみないとわからない部分ですから難しいですよね。

 

どうしても夜勤に入りたくない・夜勤の回数を減らしたいという場合には、
看護師の転職専門の求人サービスを利用するのが確実です。

転職サイトには、実際の勤務状況の情報などの蓄積があります。

職場の雰囲気などの情報を持っている場合もありますので
質問して職場の実際を事前に分析してみるといいですね。

専属専任のコーディネーターが完全サポートしてくれますから、
夜勤が少ない求人案件を確実に見つけ出してくれます。

好条件の求人情報を得る為にも、1社だけでなく2〜3社登録するのがポイントです。

 

良い転職支援サイトBest3へ登録する
転職サイトNo.1
ナース人材バンク
ナース人材バンク

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料丁寧な対応が人気。
年間紹介数No.1

ナース人材バンク公式サイト

転職サイトNo.2
看護のお仕事
看護のお仕事

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料
サポート力に定評あり。
転職支援金最大5万円

看護のお仕事公式サイト

転職サイトNo.3
ナースフル
ナースフル

コンサルティング型、非公開求人多数、 利用無料、寮完備、託児所ありなど
高給.高待遇案件多数

ナースフル公式サイト