辞め方のコツ

看護師の転職&給与白書 TOP > 辞め方にもコツがある!?

上手に辞めることは転職の際の必須条件!!

看護師として働いていれば感じることが多いと思いますが、医療業界・看護師業界は狭い世界です。良いうわさが回りやすいのは好都合ですが、悪いうわさは良いうわさ以上に早く回ります。

経験がものを言うプロフェッショナルの世界ですから上下関係も強いです。
それに加え女性社会ということもあり、人間関係は特に大事ですよね。

転職・退職の理由には様々なものがありますが、
前の職場を遺恨を残した形で退職するのは好ましくありません。

また、前の職場に、転職者の働きぶり・人柄などを調査することもあります。

すでに内定をもらっていたとしても、今後の仕事の在り方に大きな影響を与えますよね。

上手に辞めることは看護師業界を生き抜いていくための必須条件なのです!!


 

円満退社までの大まかな流れ

 

円満に退社を済ませるためには、踏まなければならないステップがいくつもあります。
以下では大まかな流れを説明していくこととします。
(あくまで大まかな流れです!職場や立場によって手続は変わってきます。)

【転職の決意】

【就業規則のチェック】
民法上では、退職の意思表示から2週間経過すると辞められると規定されています。
しかし職場の就業規則には、これと異なる期間が定められていることが多いです。
この期間は必ず守らなければなりませんから、就業規則をしっかりチェックしましょう。

【直属の上司に相談】
ここの段階が一番大事です!!
まず直属の上司に相談するということは、円満に退社するためのポイントの一つです。
いくら直属の上司と仲が悪くても、まず直属の上司に相談しないと、
その上司の面子を潰してしまい、各所に迷惑をかけてしまいかねません。
同僚に先に報告するのも、尾ひれがついたうわさが広まってしまいかねませんから
おススメできません。
相談する際には、どうして退職したいのかということをはっきり伝えることが大事です。
この時注意しなければならないのは、職場への不平や不満を言わないことです。
何か新しいことをやりたいなど前向きな理由を考えるのがベターです。

【退職願を提出】
退職願には書き方のルールがありますからきちんと調べて書きましょう。

【同僚に報告】
同僚に報告する際にも、前向きな理由を伝えるように努めましょう。

【引継ぎ処理】
退職に伴って周りに迷惑をかけないように引継ぎの処理はきちんと行いましょう。
たつ鳥跡を濁さず…
きちんと自分のなすべきことを処理することが円満退社の秘訣です。

【あいさつ状の作成・提出】
あいさつ状は提出先によって書き方を変える必要があります。

【漏れがないかチェック】

【事務手続を行う】
保険証や制服などやらなければならない事務手続がいくつもあります。
きちんと処理をしましょう。

【あいさつ】
最後のあいさつはきちんと済ませましょう。

【円満退社!!】

 

円満退社の手続が多すぎる!!

こんなに退社のための手続が多いと、転職が面倒くさく感じてしまいますよね。

これだけの手続を全部自分で働きながら、しかも転職先を探しながらやるのはムリだと思ってしまう方も多いかもしれません。

しかし心配することはありません。
看護師の転職を支援するサイトの多くは、専属専任のコンサルタントがいます。
円満に退職をする手続まで、しっかりサポート・アドバイス・手続代行
してくれるので安心ですね!
特に、DODAナース(https://nurse.doda.jp/)などは、
はっきりと退職サポートをする旨記載していますから安心できます。

好条件の求人情報を得る為にも、1社だけでなく2〜3社登録するのがポイントです。

 

転職サイトNo.1
ナースフル
ナースフル

コンサルティング型、非公開求人多数、 利用無料、寮完備、託児所ありなど
高給.高待遇案件多数

ナースフル公式サイト

転職サイトNo.2
DODAナース
DODAナース

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料
年間1万名以上の転職支援の実績

DODAナース公式サイト

転職サイトNo.3
ナース人材バンク
ナース人材バンク

コンサルティング型、非公開求人多数、利用無料丁寧な対応が人気。
年間紹介数No.1

ナース人材バンク公式サイト